スナフキンズ音楽教室オンラインスタジオの強みは経験豊かな講師陣。

オンラインだからこそ温度感が大切。プロミュージシャン講師が豊富な経験で丁寧に指導します。


柘植 紀人(つげ のりひと)

 

担当/エレキギター、アコースティックギター、ウクレレ

 

美しい山々に囲まれた岐阜県瑞浪市に生まれる。音楽学校MI Japan卒業後、数々のバンド経験を経て2006年アコーディオンジャズバンドSnafkins結成。2010年スナフキンズ音楽教室開校。演奏、音楽教育以外に、ボランティア活動として東南アジアのストリートチルドレン施設での音楽交流、ベトナム少数民族とのセッション、タイのカオサンロードでのストリートセッションなど音楽コミュニケーションをライフワークとする。

水谷 吉典(みずたに よしのり)

 

担当/エレキギター、アコースティックギター

 

トライスクル主催のバンドコンテスト東海地区で優勝。ギタリスト清野拓巳氏、市野元彦氏に師事。音楽学校(ESP/MI JAPAN、ESP/ミュージカルアカデミー、名古屋ヴィジュアルアーツ専門学校)の講師の他、様々なアーティストのサポート、レコーディングに携わる。14年に渡る講師業務の中、延べ700人以上の受講生に指導。音楽業界、楽器業界に多数の人材を育成。指導した受講生の中には、メジャーデビューを飾るアーティストも輩出。

Kaio(かいお)

 

担当/エレキギター、アコースティックギター、DTM

 

ブラジル・サンパウロ生まれ。18歳よりプロギタリストとしての仕事を開始。20歳でブラジルに渡り、ギターをSergio Cavalieriに、プロデュース&アレンジをRoberto Reisに師事。また、ブラジル全土から集まるロンドリーナ音楽祭にギタリストして参加。日本に帰国後、アーティストのサポート、レコーディングに携わり、楽曲制作や編曲などの活動も精力的に行う。ボサノヴァ、ロック、ポップス、ジャズなどを中心に演奏活動をする。

T-SHOW/吉田 大将(よしだ だいすけ)

 

担当/エレキベース、ウッドベース

 

2009年リットーミュージック主催「最強プレイヤーズコンテスト」ベース部門にて入賞。亀田杯2014「特別賞」受賞。現在では「カルテット.」「YOK」「星野ゆり(ex里帰り)」等の東海地区の様々なメジャー、インディーズレーベルのアーティストのバックバンド、レコーディングに参加。また、演奏活動の他に音楽学校の教科書制作から監修まで手掛けるなど、多岐にわたり活躍している。

中村 和正(なかむら かずまさ)

 

担当/エレキベース、ウッドベース、ウクレレ

 

NHK、Eテレ『ムジカピコリーノ』出演、楽器メーカーYAMAHAのデモンストレーターとして東京ギターショウ、楽器フェア出演、教則DVD出演、ブライダル、パーティーでの演奏など活動は ジャンルを問わず多岐にわたる。音楽専門学校講師としても後進指導する。超絶シュレッド・ギタリスト Kelly SIMONZ( ケリー・サイモン ) のアルバム 『 Kelly SIMONZ’S BLIND FAITH 』『At The Gates Of A New World』をキングレコードよりリリース 。

SAT(さっと)

 

担当/ボーカル、アコーディオン 、キーボード、ピアノ

 

名古屋音楽大学卒業。スナフキンズ音楽教室ディレクター、アコーディオンユニット『Snafkins(スナフキンズ)』ヴォーカル/アコーディオン/ピアノ担当、中・高一種教員免許(音楽)、愛知芸術高等専修学校講師。企業、団体などのコマーシャルソングなどの出演も多数。

宮川 友理子(みやがわ ゆりこ)

 

担当/ボーカル、ピアノ、リトミック

 

5歳でピアノを習い慣れ親しむ。17歳でピアノ曲「初恋」を作曲し、松田宣正氏率いる「心が優しくなる音楽の会」より、「心が優しくなる音楽Ⅳ」に収録。18歳より本格的に歌を学び始め、Popsの作詞作曲をし、ピアノ弾き語りとして歌う。その後、Jazzを学び始めSAT氏に師事し、現在ではJazzスタンダードのカバーを中心にヴォーカリストとして活動する。また、ボーカル講師、ピアノ講師として愛知県を中心に活動する。

とびい まさこ 

 

担当/ピアノ、声楽、リトミック

 

名古屋芸術大学卒業。小学校、中学校、高校など教育機関への出張コンサートやロータリークラブ、 各種パーティ、サロンコンサート、クリスマスコンサート、自らピアノを弾きながら歌うなど、 分かりやすい演奏を心がけ活動している。

Tomohiro(ともひろ)

 

担当/ピアノ

 

20歳の頃Bill EvansのWaltz for Debbyを聞き衝撃を受け、独学でジャズピアノの練習を始める。21歳からジャズピアノのレッスンを受け始め、一般の仕事をしながらジャズピアノの練習を続けるがJazzへの情熱は止まらず、28歳でジャズピアノを学ぶためアメリカへの留学を決意。 Johnson state college, Vermont卒業。音楽学士号取得。California state university, East bay卒業。音楽修士号取得。英会話でのピアノレッスンも対応可能。

伊藤 恵(いとう めぐみ)

担当/ボーカル、ピアノ、リトミック

 

ESP/MI Japan名古屋校ヴォーカルコース卒業。幼少期からクラシックピアノを習い、大学在学中にボーカルと作詞・作曲を始める。主にpops,R&B,funk,弾き語り楽曲等を好む。また子ども達と触れ合う中で、絵本の読み聞かせの魅力に惹かれ、「gumi」の名で絵本読み聞かせ・歌い聞かせアーティストとしてのイベントも開催するなど活動の幅を広げる。

水野 祐太(みずの ゆうた)

 

担当/ドラム、電子ドラム

 

中学、高校とビッグバンドジャズのトランペット、ドラムを経験。地元の演奏会から東京ディズニーランドや、浅草ジャズコンテストなどの演奏など、年40回程のステージをこなす。神戸Japan Student Jazz Festival 2011 においてナイスプレイヤー賞(個人賞)を受賞。

鈴木 隆司(すずき りゅうじ)

 

担当/トロンボーン、トランペット

 

大学入学後、学内のビッグバンドサークルでトロンボーンを始める。在学時より、トロンボーン奏法、音楽理論を谷口知巳氏に師事。自己のグループでの活動の他、Nagoya Rehearsal Jazz Orchestraに参加。関西方面でもビッグバンドのレコーディングに参加。また、サルサバンドでも活動しており、過去にMaelo Ruiz,Renzo Padillaなどの世界的に活躍するアーティストの日本ツアーでサポートメンバーとして参加。