· 

求む!オンライン部員

音楽レッスンをもっと手軽に楽しめないかと考え、スマホとフェイスブック非公開グループを利用して精鋭ミュージシャン達と昨年末に立ち上げた新サービス「オンライン部活」。
実際やってみて思ったことは、リアルなグループレッスンとほとんど変わらないって事。むしろ、リアルなレッスンよりもメリットは沢山ある。とにかく、場所と時間の制約が無いのが大きい。そして、YouTube動画での独学練習とは違い、自分のレベルに合ったアドバイスを講師から直接もらえるのも良い。他にも色々あるけど、ざっくり、こんな人にオススメです。
✅習いに行く程ではないが誰かに教えて欲しい
✅近所に音楽教室が無い
✅ YouTubeだけでは良く分からない
✅空いた時間を利用して練習したい
<募集中の部活>
・ウクレレ部
・アコースティックギター部
・エレキギター部
・エレキベース部
・ウッドベース部 
🔵月謝1000円+税
お試し期間として初月無料です。2ヶ月目から課金されます。合わなければ1ヶ月以内に退会して下さい。僕が中学生だったら間違いなく入部します。
しかし、そんな最高なオンライン部活ですが、残念ながら部員が全く集まりません。 ちょっと時代を先取りし過ぎたかも知れません。過去のウクレレ部の投稿記事を抜粋しますので、興味ある方は入部して下さい。興味ない方はツゲを助けると思って入部して下さいw
求む!部員。
________________________________
こんにちは、ウクレレ講師の中村和正です!!
ウクレレ投稿第2回目です!
前回、基本的な左手のフォーム、右手のピッキングについて説明させて頂きましたが如何でしたでしょうか??
今回は基本的な左右の動きを活用して音階を弾いてみましょう🎵
音階とは決まった法則で音が並んでいる状態の事なのですが、国によって色々な音階があります。
その中でも一番ポピュラーなものが『ドレミファソラシド』ですね!!
因みに音階は英語で『スケール』と言います!!
何かカッコいいですよね(笑)今後是非使ってみて下さい🎵
それではさっそく次のポイントに気をつけながら弾いてみましょう!!
①開放弦から3フレットまでの音が出てくるので、
(1フレット=人差し指)
(2フレット=中指)
(3フレット=薬指)
で必ず押さえる。
ゆっくりとしたテンポならどの指で押さえても弾けますが、早いテンポになると出来るだけポジション移動が無い方がミスが減りますので是非マスターしましょう🎵
②エクササイズ1でやった様に同じ弦の上にどんどん指を置いて行く感覚で弾く。
こうする事によって音階を下降していく時に指が準備出来ている状態になるので次に弾く音の事をしっかり考えながら弾けます。
親指が前から見えないフォーム、握り込みのフォームの2パターンで弾いてみましょう!!
③更にウクレレを楽しむためには🎵
ウクレレは複数の場所で同じ音が出る楽器です。
なのでコードやメロディを弾く時の為にどのポジションに何の音があるかを覚えるのが非常に重要です!!
その為にやる事は弾いている音名のアルファベットを言いながら弾く!!です。
音名とは音に付けられた名前で、例えば『3弦開放弦0フレットの音の名前はC』という感じです。
ウクレレはハワイの楽器なので英語が使われています🎵
音階の『ドレミファソラシド』と音名の『CDEFGABC』は全く同じポジションにあり、どちらも♯や♭が付いていないのでドレミファソラシドを弾きながらアルファベットを言うと、どの場所に何の音があるかを同時に覚えられちゃうんですね〜!!一石二鳥!!
是非チャレンジしてみて下さいね!!
__________________________________________